魅力いっぱいの南フランスについて詳しく知りたい!

フランスと言ったら一番に思い浮かぶのはパリではないでしょうか。
しかしパリに負けないくらい南フランスも素敵な地域です。
パリよりもゆったりとした時間を過ごしたい方には南フランスがおすすめ!
地名は聞いたことがあるけれど、観光地などは分からないという方はぜひ見てください。
自然もヨーロッパの街並みも楽しめるプロバンス地方をまとめました。

南フランスのおすすめスポットをさらに詳しく見る

日本からニースへはパリを経由して約16時間40分、中東経由では約20時間~21時間で到着します。 ニースの国際空港、コートダジュール空港から市内まではシャトルバス(6ユーロ)、タクシー(約30ユーロ)で行くことができます。ニースのビーチやオペラ座は有名ですね!サン ニコラ ロシア大聖堂はヨーロッパの街並みとは違った独特の雰囲気で、見に行く価値は十分にあります。
時間に余裕がある方はニースから日帰りで別の観光地にも行ってみませんか?ニースからほど近いモナコへの観光がおすすめ。世界で2番目に小さい、お金持ちの国!ニースから電車で約30分で行けます。世界各国からお金持ちが集まる国なので、治安もとても良いです。モナコは夜景が有名なので、日帰りもいいですがぜひ宿泊することをおすすめします。
ニース&モナコへのツアーはこちらから

カンヌ ~Cannes~

カンヌはニースからバスで45分の場所にあります。ニースの駅から210番のバスで23ユーロで行くことができます。カンヌ映画祭のイメージが強いと思いますが、見どころはそれ以外にもたくさんあります。高級リゾート地の他にも旧市街のル・シュケなどがあり、少し歩くだけで全く違う雰囲気を楽しめます。ル・シュケでは元々漁村だったカンヌの街並みを見ることができます。華やかさと素朴な顔を持つカンヌ、こぢんまりとした街なのでぜひゆっくり歩いてみてください。
カンヌから船で約20分で行ける島、サントノラ島はご存知ですか?修道院の島と言われており、ワインが有名。サントノラ島に暮らす修道士は労働を神に捧げます。中でもブドウ作りに重きを置いており、そのブドウからワインが造られているのです。島内は自然豊かでとても静かです。島自体も小さいので歩いて一周することができます。修道士が神に祈っていますので、軽装は避け、大声を出さないなどの配慮は忘れないようにしましょう。
カンヌへのツアーはこちらから

マルセイユ ~Marseilles~

マルセイユはフランス最大の港町。空港から市内へはシャトルバスで25分、8.30ユーロで行くことができます。旧港は活気あふれる観光地です!ベルジュ埠頭では新鮮な魚介類が売っているので午前中は地元の人や観光客で賑わっています。港町ということで魚介が美味しいレストランもたくさんあります♬市内にあるノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ聖堂ですが、小高い山の上にあるので眺めがとても良いです。マルセイユの街が一望できますよ。
あまりメジャーではないかもしれませんが、せっかくマルセイユへ行くのならカシへも行ってみてください。現地に住む人がおすすめする街こそがカシなのです。マルセイユから往復4ユーロ、CastellaneからM8のバスに乗りGendarmerieまで約40分で到着します。カランクを目的としてカシへ訪れる人が多いです。船でカランク周遊や、ハイキングで山の上からカランクを見渡すこともできます。
マルセイユへのツアーはこちらから

ミヨー ~Millau~

ミヨーにはモンペリエから車で1時間で行ける世界一高い橋、ミヨー橋があります。自然いっぱいの場所に、突如として現れる壮大な橋。天国に一番近い橋とも言われているのです。その高さは地上から橋まで約270mもあります。橋の一番上部分はなんと343m。東京タワーよりも高いのです。さすが世界一なだけありますね。運が良ければ雲海を見ることができます。
そしてプロバンス地方にはもう一つ有名な橋があります。ポンデュガールという橋で、世界遺産に登録されています。アビニヨンやニームからバスで約50分。古代ローマ人の技術には感心させられますね。写真のように晴れていれば写真映え間違いなしです。

トゥールーズ ~Toulouse~

バラ色の街と言われているトゥールーズ。日本からパリを経由しトゥールーズへ。空港から市内へは車で20~30分、空港シャトルバスは往復15ユーロで行くことができます。キャピトル広場にあるトゥールーズ市庁舎は必ず行くべきスポット。市庁舎の中は結婚式や行事などがない限り無料で見学できます。内装はまるで宮殿のよう!美しい市庁舎で結婚式ができるなんて素敵ですよね。広場ではほぼ毎日何かしらのイベントが開かれています。
トゥールーズもまた、有名な橋がいくつかあります。ガロンヌ川に架かる橋の中で最も古い橋がポンヌフ橋。夜は橋がライトアップされ大変美しいです。写真の橋はサンピエール橋で、こちらもポンヌフ橋同様夜のライトアップが美しい。完全に暗くなった時より夕暮れ時のほうが幻想的でおすすめですよ。どの橋もフォトジェニックなので、ガロンヌ川の橋巡りをしてみるのもいいかも?
トゥルーズへのツアーはこちらから

アルビ ~Albi~

トゥールーズから電車で約1時間のところにアルビはあります。旧市街は鉄道駅からさらに徒歩10分で到着します。サント・セシル大聖堂は街のシンボル。約200年かけて造られた建造物なのです。庭の花壇が美しいベルビ宮殿も行ってみてください。フォトジェニックな景色が広がっています。
アルビからバスで約30分、天空の村と呼ばれるコルド・シュル・シエルまで足を運んでみませんか?海抜280mの岩の丘に建設された村。この村はフランスで最も重要な中世都市のひとつとされています。コルド・シュル・シエルのバス停から、中心地までは5~10分くらい歩きます。佇まいはまるでフランスの天空の城ラピュタ!天候の関係により、村の集落が雲海の上に浮かぶこともあります。とても神秘的な村ですよね。

エズ ~Eze~

エズ村はニースからバスで約30分、片道1.5ユーロで行くことができる絶景の村なのです。ニースからほど近い場所にあるエズですが、全く違う雰囲気を持っていて引き込まれてしまいます。エズ村の頂上には熱帯植物園があり、そこからの景色を目的として植物園に訪れる方が多いのです。目の前にはたくさんのサボテンが立ち並び、エズ村の街並みが一望できます!ここは観光するのに絶対外せないスポットです。
エズ村にはフラゴナールという香水の工場があります。プロバンス地方の花や果実から生まれたフラゴナール。日本には進出していないので、お土産に買って帰ったら喜ばれること間違いなしの商品ばかりですよ!女性用の香水だけでなく、メンズ用もあります。さらに香水のほかにも石けん、ルームフレグランス、キャンドルなども売っています。高級感あふれる香りのものばかりでついつい買いすぎてしまいそうです…!