中世の美しい街並みを見に、バルト三国のエストニア・タリンへ行きました

こんにちは!今日はタリンをご紹介します💗
ヘルシンキ空港から飛んでる時間が30分くらいで着いちゃうエストニアの首都タリン!
エストニアはバルト三国の中でも北欧色が一番強く、旧市街は小高い丘から全体が見渡せるため息をのむほどキレイ!! 最近では大人気の行先の一つがこのエストニアのタリンです☆彡

タリン空港から市内へ

荷物を受け取り、空港から市内はトラム(路面電車)かタクシー移動が便利♪
旧市街まではトラムで1€~。 安っっ!!!

乗り場の手前の券売機で買うと1€です。
乗車時にチケットを機械にかざすのをお忘れなく🚈

所要時間はトラムで約20分、タクシーで約15分です。

タリンのおススメホテル

ホテルはヴィル門を出て左方向へまっすぐ5分程度歩いたところにある「KALEV SPA hotel」に滞在しました♪立地もよく、プールやジム、更にサウナまで併設のホテル。
リノベーションも終わっている部屋は快適に滞在ができます。

シャワールームもバスタブ付きでした。

朝食も種類が豊富!!

スタッフも気のいい人が多くてとても快適なホテルでした。


これはヴィル門。
ヴィル通りへの入り口にある、絵のように美しいツタの絡まる塔の一部となるこの門は、旧市街への訪問者が度々最初に目にするものとなります。

タリンの街紹介!

タリンで欠かせないのは旧市庁舎前の市庁舎広場♪


©Visit Estonia

上は旧市庁舎の下には中世の食堂を再現したスープ屋さん

1422年創業のヨーロッパ最古の薬局があります。
失恋に効く薬があるとかないとか😊✨

夜は綺麗で冬のシーズンはヨーロッパで一番長いクリスマスマーケット!
©Visit Estonia

そしてなんといっても、小高い丘を登っての圧巻の景色😍
最高です。

その横でピーナッツ屋さんの屋台。これも美味しい😋
丘の上にはロシア正教会などもあります。

さいごに

タリンはまだまだ日本人にはなじみが少ない都市かもしれません♪
しかし、行ってみると中世の建物をはじめ歴史、カルチャーが色濃く残っていて何度も足を運びたくなる都市です。
治安もいいので一度訪れてみては??

それではまた👋

関連記事

  1. 旧市街に魅了された!小さな島でもヨーロッパ気分を堪能できるマルタ島

  2. パリから日帰りで行ける観光地、ヴェルサイユ宮殿~行き方もご紹介~

  3. 青い空が映える。歴史の深い街、ドイツ・ベルリンで1日満喫コース