日本のユニバーサルよりも回りやすい?シンガポールのユニバーサルについて、限定の乗り物も紹介します!

日本から約7時間と比較的日本から約7時間と比較的行きやすくて、
治安も良いと言われているシンガポールは人気の海外旅行先にランクインしています!

シンガポールにはマーライオンやナイトサファリなどの観光スポットも有名ですが日本でもお馴染みのユニバーサルスタジオも大人気です★

日本より小さいの?アトラクションは?といったところを紹介していきたいと思います。

1.ユニバーサルスタジオシンガポールの広さ

ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)は日本のおよそ3分の1の面積です。
USJが東京ドームおよそ11.5個分なのに対してUSSは約4個分となっています。

暑さも厳しいシンガポールでは逆にコンパクトなUSSはちょっとした半日観光などにも
訪れやすくなっているかもしれません。

2.アトラクション(乗り物)の種類

※2020年7月現在の情報となりますので最新の情報はホームページ等をご確認ください。
現在は乗り物が16種類、ショーが5種類あります!
そのうち日本のUSJにはないアトラクションは13種類!!と、
かなりUSJとは違ったパークの作りになっているところもおすすめ理由の1つです。

ちなみにUSJにはないアトラクションの種類は以下の通りです。

1.Sesame Street Spaghetti Space Chase
セサミストリート・スパゲッティスペースチェイス
2.Battlestar Galactica: HUMAN vs. CYLON
バトルスター・ギャラクティカ
3.Accelerator
アクセラレータ
4.Revenge of the Mummy
リベンジオブザマミー
5.Treasure Hunters
トレジャーハンターズ
6.Amber Rock Climb
アンバーロッククライム
7.Canopy Flyer
キャノピーフライヤー
8.Dino-Soarin’
ダイノーソアリン
9.Jurassic Park Rapids Adventure
ジュラシックパークラピッドアドベンチャー
10.Puss In Boots’ Giant Journey
長靴をはいた猫・ジャイアントジャーニー
11.Magic Potion Spin
マジックポーションスピン
12.Enchanted Airways
エンチャンテッド・エアウェイズ
13.TRANSFORMERS The Ride: The Ultimate 3D Battle
トランスフォーマー・ザライド

3.2020年からオープンの新規エリア

日本ではすでにオープンしているエリア「ミニオンズ」は2020年から25年までにシンガポールでもオープン予定!
ただし今のマダガスカルエリアが代わりにクローズとなってしまうので残念でもあります。

そして東京オリンピックの開催に合わせ2025年までに、「任天堂スーパーマリオ」エリアもオープンを予定しています。
初めて聞くエリアなので、どんなアトラクションができるのか楽しみですね☆

シンガポールにご旅行をお考えの方は是非下記リンクより比較してみてください↓

スカイクルートラベルがおすすめするシンガポール・フリープラン

関連記事

  1. フィンランドの隠れ観光スポットをご紹介~オウル・カラヨキ・ロクア~