ヨーロッパを旅する

【今行きたい】元イタリア在住スタッフオススメのヨーロッパ

待っていました!!2023年5月にコロナの規制が緩和され、昔のように海外旅行も行けるようになりました。元イタリア在住スタッフが「また行きたい!」と思うヨーロッパ旅行先を本気で選んでみました。
ぜひこれから海外旅行先を考える参考にして頂けると幸いです♪

おすすめの海外旅行先!ヨーロッパ編

①イタリア  【ナポリ】


ポジリポの丘から見たナポリの夜景

ナポリ市内を走る地下鉄Toledo駅のエスカレーター

ナポリの街の下にある巨大迷路のような地下都市

観光の1つとなるプレビシート広場

 イタリアで一番おいしいと言われているナポリのカフェ

ナポリは、美食の街としても有名で、マルゲリータ発祥の地としても知られています。
港町なので、魚介を使ったイタリアンも多く堪能でき、美食巡りにもおすすめの旅行先です。

また、ナポリを起点に様々な場所へ移動できるので、行動の幅が広げやすいです。
カプリ島や、ポジターノ、アマルフィのリゾート地、火山灰で埋もれた街、ポンペイなど、たくさんの見どころがあります。
中でも、カプリ島の青の洞窟は、夏の時期にしか見ることができないので、夏の時期を狙って旅行する方も少なくありません。

そして、世界三大夜景の1つと言われている、ナポリの夜景は圧巻!街を灯す夜景に、コロナ疲れも癒されることでしょう。
ハネムーンや家族旅行はもちろん、卒業旅行にもおすすめの旅行先です。

~イタリア在17年 今は東京の生活に慣れた弊社社員から見たナポリ~
友人のイタリア人に「今度ナポリに旅行へ行くよ」と話したら、とにかく気をつけろと。(何を気を付けるのか(笑))
10回ほどナポリに行きました。
この辺もし夜1人で歩いていたら怖いなぁとか、なんか街の人がジロジロ見ているなぁとか、この人の多さにはスリがいるかもカバン等気を付けないとと感じる場面は多々ありましたが、10回ほど行ったナポリで嫌な思いをすることはなかったです。

さて、卵城、王宮、プレビシート広場、ヌォーヴォ城、ミラノのガレリアにそっくりなナポリのガレリアなど見どころのある場所は、
ナポリ駅より南南西にあるサンタルチア地区(港)にあります。
カプリ島に行く船乗り場(Molo Beverello)も近いのでサンタルチア地区のホテルが観光には便利かと思います。
(ただ便利がいいので他の地区よりホテルの金額は高くなっています。)

ナポリガリバルディー駅からソレント行きに乗って、ポンペイやエルコラーノも行けます。
終点のソレントに行ってそこからバスでアマルフィーも行けます。
(電車、バスの遅延を考えると日帰りはちょっと厳しいかも。車なら日帰りは可能です。)

あくまでも私目線でございます。旅行への1つの考え方、そういう見方もあるねという感じで思っていただければと思います。

*****************************************************************************************************************************************************************************

ナポリでは、魚貝のパスタ(Linguine con pescato del giorno)、魚介類のソテー(Sautè ai frutti di mare )、魚貝のフリットなどがオススメです。

②ギリシャ 【サントーリ・ミコノス】

ギリシャといえば、アテネのギリシャ神話を思い浮かべる方が多いと思いますが、やはり夏の時期のサントリーニ・ミコノスはおすすめです。

サントリーニ
ミコノス

サントリーニ島イア地区にあるホテルより

 ロバの置き物 お土産にピッタリ

 ミコノス島の街中のお店

サントリーニ 島の中心フィラ地区。世界一夕日がきれいと言われているイア地区。白く美し街並み、エーゲ海の青とのコントラスト。魅力のある街です。

ミコノス 白い建物に赤、黄色、ピンクなどのお花たちがいろどり、石畳の街並みが散歩をするだけでもワクワクしてきます。

どちらの街もシャッターチャンスがいっぱい。見どころ満載です!

~イタリア在17年 今は東京の生活に慣れた弊社社員から見たミコノス・サントリーニ~
ミラノからEasyjetが季節限定となりますがサントリーニ、ミコノスへの運行があります。
ということである夏のバカンス ミコノス、サントリーニに行ってきました。
サントリーニではイア地区かフィラ地区かどちらが良いですか?と聞かれますが、簡単にまとめるとイア地区はホテルがフィラ地区に比べて値段が高い、ラグジュアリー系のホテルが多いのでのんびりしたいという方向き。
フィラ地区はイア地区に比べてホテルの値段が抑えられており、サントリーニ島はフィラが基点・中心になっているのでの他の場所に行くにはフィラらがオススメとなります。
好みとなりますが、同じ日数同じようなホテルに泊まりましたが、イア地区の方こじんまりしていて、ゆっくりできたかなという印象が残っております。
さてミコノス ミコノスではちょっと中心から外れた大きめのプールがあるホテルに泊まったので、人も少なくゆっくりするには十分でした。
街の中心地に行くには少し歩きますが、街の中心にいけばお店もたくさんあり、風車のあるところでは海岸線にBarが立ち並び海を見て、風車を見て街の白い建物を見ながら飲むビールは格別でした。

あくまでも私目線でございます。旅行への1つの考え方、そういう見方もあるねという感じで思っていただければと思います。

夕日ってこんなに綺麗なんですね。
左からサントリーニフィラ地区の夕日、サントリーニイア地区の夕日、ミコノスの夕日

③クロアチア  【ドブロブニク・ザグレブ】

クロアチアといえば、やはり魔女の宅急便のモデルの街と言われているドブロブニクを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

スルジ山からみたドブロブニクの街
ドブロブニク城壁の上より

ドブロブニク市内の市場

ザグレブ 聖マルコ教会

サンカテリーナ教会の広場から見たザグレブ大聖堂

ドブロブニク
オレンジ色の屋根で統一された建物が立ち並ぶ市街。街を取り囲む城壁の上を歩くこともできます。ぜひ上から下かも街の風景を堪能してみてください。
現地に行ったらオレンジ色の屋根の街並みを上から写真撮ってみたい!!

ザグレブ
クロアチア最大の都市にて首都であるザグレブ。
都会的な新市街と中世の趣を残す旧市街が魅力的な街。モザイクの屋根が印象に残る聖マルコ教会。2つの尖塔をもつ大聖堂。
ロトルシュチャック塔から見るザグレブ市内、サンカテリーナ教会の裏の広場から見るザグレブ市内も見どころの1つです。

~イタリア在17年 今は東京の生活に慣れた弊社社員から見たミコノス・サントリーニ~
ドブロブニク 1週間同じホテルに泊まりゆっくりしたある年の夏のバカンス。
ドブロブニクの西側の地区に泊まりましたが、旧市街までバス1本で行けるので非常に便利。
旧市街地では街中をゆっくり散策。そして城壁の上から街を見下ろし散策。その後はスルジ山へロープウェイで登り山の上からオレンジ色の
屋根の街を目に焼き付ける。
またドブロブニクで他に何をしようかなと思ったら、隣国のボスニア・ヘルツェゴビナ 世界遺産モスタル、要塞都市ポチテリへ。
そしてモンテネグロ 世界遺産コトル、ブドヴァ、ペラストへ。どちらも心に残る日帰り旅行でした。
クロアチア旅行ですが、2か国も違う雰囲気文化に接することができた素晴らしい経験でした。

ザグレブ駅前からイェラチッチ広場に向かってのトミスラフ広場には緑がいっぱい。
イェラチッチ広場から北へ向かうとドラツ市場。その街の市場に行けばその街の食文化が見れてとてもワクワクしますね。
街自体は小さいので1日で見ることができます。
またザグレブからはバスで世界遺産プリトヴィッツェ湖群国立公園へ行くことができます。ツアーでもいいですし、
バスを時刻を調べて自分たちで行くことも可能です。

あくまでも私目線でございます。旅行への1つの考え方、そういう見方もあるねという感じで思っていただければと思います。

世界遺産プリトヴィッツェ湖群国立公園  ↓ ↓

関連記事

  1. ドイツ&オーストリア&スロバキア&ハンガリー&チェコ◆中欧5ヵ国周遊

  2. 2024ゴールデンウィーク海外旅行

    【2024年】今年行きやすいおすすめのゴールデンウィーク旅行先

  3. 世界の秘境特集ページ❁