温暖な気候と圧巻の旧市街・マルタ

ヨーロピアンのバカンスに人気なマルタ。
マルタはマルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3島から成っており、島間のアクセスも良好です。
今回は3島それぞれの魅力をお伝えします!

マルタ島

シチリア島と北アフリカ沿岸の間に浮かぶ島、マルタ島。
最近ではテレビや雑誌でもよく取り上げられており、日本からの旅行者も増えています。
温暖な気候、カラフルな旧市街、世界遺産の城塞都市、透明度の高いビーチと、見どころが本当にたくさんあります。
コンパクトな島ながらも、楽しさがいっぱい詰まった島なので何度でも訪れたくなります!
バス移動がメインですが、途中気になった場所があれば降り立ってふらっと見ることも、小さな島だからできること。
そして海に浮かぶ島なので海鮮料理がとにかく美味しい💗シーフードパスタは特におすすめです!
マルタ島からフェリーに乗れば、さらにきれいなビーチのあるゴゾ島やコミノ島へも行けます。

ゴゾ島

マルタ島の北西6kmにあるゴゾ島。フェリーで約30分程で到着します。
マルタより自然が豊かで牧歌的なこの島は、のんびり過ごすには最高の場所。
海の透明度が高く透き通っているのでシュノーケルやダイビングを思い思いに楽しんでいる人が多いです。
また島内にはオープントップバスが走っているので交通手段にも困りません。
1日乗り放題のチケットを購入して島内をぐるっと一周するのがおすすめ。
ゴゾ島随一の観光スポットのタピーヌ教会や、島で一番美しいと言われている漁港のシュレンディーなど日帰りではもったいないほど見どころはたくさんあります!

コミノ島

マルタ島からコミノ島へはフェリーで約40分で到着します。
島内はバスは走っておらず移動手段は徒歩がメインとなっています。ですが小さな島なので問題ありません。
マルタ島やゴゾ島よりもさらに自然が残っている島となっており、海を見たりシュノーケルを楽しむ人がほとんどです。
コミノ島はブルーラグーンが有名です。その海の美しさから船が浮いているように見えるほど!
コミノ島へ行く人には必ず訪れてほしいマストスポットとなっています。
午後は観光客が増えるので静かにゆっくりしたい方は午前中に行くことをおすすめします。

マルタへのツアーはこちらから☟

羽田発

関空発

地方発のツアーもございます。お気軽にお問い合わせください!

関連記事

  1. フランス・パリ郊外とパリ市内でインスタ映えの旅を楽しもう!

  2. 旅行会社社員厳選!
    コロナ収束後に行きたいオススメ海外旅行先9選

  3. フィンランドへ行ってみよう!オーロラ観賞ツアー特集