海外旅行はいつ行ける?
コロナ収束後におすすめしたい国を厳選!

2020/12/01更新

コロナのせいで海外旅行に行けなくなった、家族旅行が延期になってしまった、ハネムーンができなくなった…など
旅行をキャンセルせざるを得ない方が多くいらっしゃったのではないでしょうか。
コロナウイルスが収束したら海外旅行へ行きたい!!と考えている人も多いはず!
そこで今回は、2020年12月現在日本国籍者が入国可能な海外旅行先をご紹介いたします!
今後の海外旅行先を考える参考にして頂けると幸いです♪

日本からの入国を特別な条件なしで受け入れている国

イギリス、エジプト、エストニア、オランダ、キプロス、スイス、スウェーデン、スロバキア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス領ポリネシア、ブルガリア、ポーランド、ポルトガル、マルタ、メキシコ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルクなど

現在、上記の国には旅行目的の入国が許可されています。

《ご注意》
※2020年12月現在、海外から日本に入国する場合、国・地域、また国籍や入国目的を問わず、検疫法に基づく隔離(入院)・停留が必要となる場合があるほか、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要です。

◆帰国時・日本側等の規制について◆
厚生労働省 水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)
※入国制限が緩和された国でも再度入国出来なくなる場合がございます。また、入国するにあたり必要な審査・書類等が必要な場合もございますので最新の情報をご確認ください。
◆渡航先・諸外国等の規制について◆
外務省 海外安全ホームページ

こちらの記事では、「キャンセル料」「入国に関する注意事項」などの情報を詳しく紹介しています。
あわせてご覧ください。
↓ ↓ ↓


\\オンライン交流会を開催中//
旅行好きな人で集まって、好きな旅行先を語り合う交流会です!
インターネット環境があれば、お好きな場所から参加できます。
ご都合が合う方は、是非ご参加ください!
次回の予約に使える2,000円クーポンの参加特典付き★

どんなことをするの?
Facebookのグループ「旅コミュニティ」に過去の開催レポートがあります!
見てみてください!
↓ ↓ ↓

\\おうちで旅行気分が味わえる//
自宅で海外旅行気分が簡単に体験できる無料ツールをプレゼント中!
ご準備いただくものは、ネット環境だけ。
すきな時間、すきな場所でご参加いただけます。
是非ご参加ください!
次回の予約に使える2,000円クーポンの参加特典付き★
↓ ↓ ↓

おすすめ海外旅行先☆リゾート編☆

ハワイ

初心者・リピーターも、人々の心を掴んで離さない人気のリゾート地・ハワイ!

ビーチ、ショッピング、グルメなど、なんでも揃っていて、日本語が通じるお店が多いのも人気の理由のひとつです!
また、美しい海でシュノーケリングやサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむことができ、
ハネムーン・家族旅行・お友達との旅行にオススメしたい旅行先です。

<※12月現在の現地情報>
ハワイ州の定める以下の条件に沿った陰性証明書を入国時に提示すれば14日間自己隔離の免除を受けることができます。
・日本を出発する72時間以内に新型コロナウイルス感染症の検査を受診
・ハワイ州保健局指定の医療機関※にて、厚生労働省認可のPCR検査含む核酸増幅検査(NAAT)を受診
・ハワイ州保健局が指定する陰性証明書の取得

楽園・ハワイの旅

おすすめ海外旅行先☆ヨーロッパ編☆

ギリシャ

ギリシャは日本を含む14カ国の入国制限緩和を発表しています。
また、一部の国を除き、ギリシャのすべての空港で国際便を受け入れます。
ギリシャ政府は7月1日以降の旅行者受け入れに際し、全ての入国者の方に対して所在追跡フォームの記入を義務付けています。
PCR検査の対象となった者は、結果が出るまで自宅、ホテル等で待機、陽性の場合は14日間隔離が実施されます。
ご出発 (ご搭乗) の少なくとも24時間前までにこちらのサイトから送信してください。
記入フォーム和訳PDF

ギリシャの首都・アテネには様々な観光スポットがあります。
パルテノン神殿やエレクティオン、イドロ・アティコス音楽堂など様々です。
また、サントリーニ島は青と白のコントラスが美しく、ハネムーンでも人気な島のひとつです。
行きたいところをリストアップし、フリープランを使って観光してみてはいかがですか?

美しい地中海を満喫!ギリシャの旅

マルタ

マルタは7月15日から日本を含む全ての渡航制限が解除されました。
隔離措置はございませんが、公共機関などでマスクを着用していない場合罰金100ユーロが課せられます。
また、空港内ではお支払い時、クレジットカードまたはスマホ決済を推奨(接触を避けるため)、渡航時や空港移動時、100mlの消毒液ボトルの持参を推奨などの取り組みがあります。

日本人からも比較的安く留学できる国として有名ですよね。
マルタの首都・バレッタは街ごと世界遺産に登録されています。
「聖ヨハネ大聖堂」やグランド・ハーバーを一望できる広々とした見晴らしの良いガーデン「アッパーバラッカガーデン」など様々な観光スポットがあります。
日本とは異なる街の景色を楽しんでみてはいかがですか?

穴場リゾート・マルタ島への旅

フランス

フランスの現状
11/28~
特例証明書にて外出を正当化しなければならない。ただし自宅から20km以内、3時間以内の散歩が許されるなどの自由が認められる。
全ての商業施設(レストラン以外)は営業時間を延長して(21時閉店、日曜営業可)再開できる。
衛生保護措置(1名の客につき最低8㎡)は引き続き対策を取る事。
崇拝の場は30名の制限のもと再開できる。

12/15~
感染状況好転の目的が達成されたならば(1日の感染人数5000名を下回る)、12月15日を外出禁令の最終日とする。

ヨーロッパの主要都市で、アート、ファッション、グルメ、カルチャーの世界的な中心地になっている「パリ」や、世界中のセレブリティたちを魅了する、南仏コート・ ダジュールのリゾート都市「ニース」など、フランスは世界屈指の観光大国です。
何度訪れても新しい発見がある、魅力あふれるフランスへのご旅行はいかがですか?

憧れのフランスへの旅

チェコ

チェコ内閣は11月20日、非常事態宣言の再延長を決定し、12月12日まで継続することとなった。

チェコは治安が良く、日本人にも人気の旅行先のひとつです。
中欧随一の美しい街並みは、まるでおとぎの国!
モルダウ川のほとりにある古都プラハでは「プラハ城」「聖ヴィート教会(大聖堂)」「カレル橋」など見どころがたくさんあります。
また、チェコは1人あたりの年間ビール消費量が世界一!パブ巡りがおすすめです。

おとぎの国、チェコ・プラハの旅

おすすめ海外旅行先☆中東編☆

ドバイ

ドバイ空港では、手袋とマスクの着用が義務付けられています。
ご出発前の96時間以内にPCR検査を受診し、コロナウイルス(COVID-19)陰性を示す証明書(印刷された証明書のみ有効)を渡航時に携行いただく必要があります。

ドバイは近年女子旅で人気を集めており、様々な観光スポットがあります。
世界一の高さを誇る「ブルジュ・ハリファ」や世界最大の噴水「ドバイ・ファウンテン」など様々な観光名所があります。
ビーチや砂漠、ショッピングも楽しめるオススメの国です。
まとまったお休みが取りにくい方にも嬉しい最短五日間からご旅行可能です♪

まとめ

いかがでしたか?
スカイクルートラベルでは、お客さまのご希望にあわせた旅行プランへのアレンジが可能です。
また、日本帰国時の待機ホテルはGoToトラベルキャンペーンの対象ホテルをご案内することが可能です。
国内旅行の取り扱いもございますのでお気軽にご連絡ください♪

 

\\ GOTOトラベルキャンペーン対象ツアーが充実! //

国内旅行をさがす

ご旅行の相談はLINEでも承ります!
友だち追加

 

おすすめ記事:旅行会社社員厳選!コロナ収束後に行きたいオススメ海外旅行先9選