パリから日帰りで行ける観光地、ヴェルサイユ宮殿~行き方もご紹介~

フランスと言えばパリ!
パリ市内はエッフェル塔や凱旋門など見どころ満載ですが、世界中の宮殿の中でも圧倒的に豪華で煌びやかなヴェルサイユ宮殿も是非訪れて頂きたい観光スポットの1つです!
こんな豪華な宮殿で、あのマリーアントワネットも時を過ごされたと思うと、なんだかおとぎ話の世界に迷い込んできてしまったかのような錯覚をおこしてしまいます。

1.ヴェルサイユ宮殿とは

フランス絶対王政を象徴するようなこのヴェルサイユ宮殿はルイ14世の命令によりもともと狩猟用の別荘のあったヴェルサイユを増築してできた豪華で贅沢な宮殿です。

宮殿は離宮・庭園・公園など含めて大きさはなんと東京ドーム220個分と言われています。
とにかく広いこの宮殿ですが、革命前は今の何倍もが宮殿に含まれていたそうです。

ヴェルサイユ宮殿の中を見学するだけでも半日はかかってしまいそうな大きさですので、チケットも宮殿のみや、庭園込などいろいろな種類があります。

2.ヴェルサイユ宮殿への行き方

ヴェルサイユ宮殿はパリ市内からバス→列車の乗り換えや、地下鉄→列車の乗り換えなど様々な方法での行き方があります。
一番良く使用されている行き方はまず地下鉄(メトロ)にてJavel駅まで、そこからはRERのC線に乗るという方法です。
この方法ですと駅から宮殿までは10分と簡単に訪れる事ができます★ほかの駅から乗り換えて行く場合にはRERではなくL線などを使用することになり、宮殿までは徒歩20分ほどかかります。

RERの列車は2階建てになっているのですが、流石年間600万人もが訪れる観光スポット!
夏などの繁忙期には朝一番でも満席のこともおおくあります。

地下鉄→RERを使用して宮殿まで訪れる場合にはゾーン4までのチケットを最初に購入しておくとお得になるかもしれません。

3.ツアーに参加してヴェルサイユ宮殿に行く方法

大人気のヴェルサイユ宮殿ですので、満車の列車を利用してついに宮殿に到着!しても事前購入チケットがなければ残念ながら入場できない時も多くあります。。。
また当日券を狙って朝一番にお出かけしても購入までの列が1時間ほどかかってしまったり、また購入後も入場までは宮殿前の広場で更に1時間待つということも少なくありません。

せっかく日本から海外旅行に来ているのであれば半日でさくっと観光したいという方にはツアーに参加されるのが1番おすすめです。
チケットの心配もいりませんし、団体入り口から入場できるので通常よりも早く入場することができます。

また、専用車で家族や友人だけで行きたいという場合にもスカイクルートラベルにお任せください!

絶対王政時代からの革命を間近に体験できるこの豪華なヴェルサイユ宮殿に是非訪れてみてはいかがでしょうか?
ヴェルサイユ宮殿入場も含まれているツアーは以下よりご検討ください!

フランス・パリへのツアーはこちら

関連記事

  1. ポルトで絶対におすすめしたいレストラン3選

  2. ポルトガルのヴェネチアとも呼ばれる、中部の都市アヴェイロを街歩き

  3. 冬のチェコ・プラハで世界遺産巡りを思いっきり楽しんできました!